2006年08月24日

'`ィ'`ィ ┐(´Д`┌過剰反応過剰反応

【シュレッダー事故の波紋、量販店など商品撤去の動き : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)】
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060824i207.htm


わざわざ業務用事務機器を家庭に持ち込んで事故がおきたから撤去?
余計なお世話としか言いようがない。

そんなものを部屋において、子どもから目を離した親の責任以外のなにものでもない。
トレーローディング式の昔のビデオデッキでも、手を突っ込んでデッキに喰われて泣き叫ぶ子どもはいただろうに。


馬鹿じゃないのか。

----------------------------------

過剰反応といえば、個人情報保護法のせいにしている一般人が多くて笑う。
あれは一定の規模以上の事業所などに適応されるものであって、一般家庭で何かするものじゃない。
そうじゃなくて、単純にストーカー被害やプライバシー保護のため裁断するってだけだろ。

この個人情報への過剰反応ってのも、最近頭が痛い。

最近、たまに「絶対電話してこない」お客様がいる。
ほんのちょっとしたことでもメールで、返信が次の日になったりすると遅いといわれたりする。
そんなちょっとした確認なら電話してくれれば、というと、「電話番号がわかっちゃうから・・・。携帯番号からでも個人情報わかっちゃうでしょ」と。

なら184つけて着信表示拒否しろや。
つか、取引先に知られたくないって、どういう客なんだ。

ほかにも、銀行口座の口座番号を「個人情報だから、関係先にはプロテクトかけて配布してくれ」という人もいる。
暗証番号とセットならともかく、何を言ってるんだと本当に悩んだ。
口座番号だけなら、会社や自営業によっては名刺に印刷する程度の情報だ。

よくわからずに盲目的に「個人情報、個人情報」と騒ぐ人が結構いるのよね。一人二人なら笑ってられるが、複数いるから笑えない。
面倒なので、質問される前にプライバシー・ポリシーのPDF作って渡して流すことにしたけど。

そんなことより、結婚式に出れば招待状のデータは式場に吸い取られるとか、そういうソーシャルハッキングに気をつけろと説教してやりたい。
posted by 福島の人 at 18:55| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソニー キタヨキタヨー

【ソニーVAIOノートも炎上 - Engadget Japanese】
http://japanese.engadget.com/2006/08/23/vaio-fireworks/



4年前のvaioもモエタヨー。


4年前というと、先日リコール発表されたSONY製DELLバッテリーの製造時期にも重なるねー。

これまで「DELLとは充電システムが違うから安全、これまで問題が報告されてないから安全」とマスコミのインタビューには答えてたけど、それはSONYの誰が言ってたのか。
結局正式なプレスリリースはないままだし。
(充電システムが違うといっても、DELLが出した仕様で製造を請け負って不良を出したんだから、同じ事業所の技術力に不信を持たれてもしょうがないと思うが。)


このお盆前にも、ポータブルHDDを取り外すと、HDDの記録が壊れるなどというバックアップメディアにあるまじき不良でリコールだしたばかりだというのに。
松下といいパロマといい、そんなにお詫び広告を出したいんだろうか。
たしかにインパクトはあるけど、そんな自爆ネタが見たいわけじゃないんだぞw

まだインタビューに答えた程度で、各社の公式プレスリリースが出てないので黒というよりはグレー程度なんだけど。
(アメリカの消費者製造物安全委員会が調査するそうなので、その結果が出るか、各社の詳細なプレスリリースでもないと安全宣言はできないでしょ。)

でも、やっぱり色々多すぎ。
私のような、昔ファンだったけど今アンチ、なんてのが多いから目立つだけかと思ってたけど、2chで2000年以降のリコールをまとめていた人がいて、その多さにあらためてびっくり。

----------以下転載----------------------

2000/02/29 Liイオン2次電池   
 発熱で電池外装が変形          5万9000個
2000/03/29 LCDプロジェクター  
 天井から落下の恐れ            8470台
2000/05/10 携帯音楽プレーヤ  
 やけどの恐れ、発熱で本体変形    1万1000台
2000/11/30 ノートパソコン     
 OSリカバリ作業が中断         1万3000台
2001/07/04 携帯電話機     
 電池ショートで製品本体が発熱、変形  56万台
2001/09/10 業務用スピーカー   
 天井から落下(11Kg)           5530台
2002/11/05 車戴オーディオ機器  
 発煙、発火の恐れ           3万8000台
2003/04/15 デジタルカメラ     
 2次電池が急速に劣化          30万台
2003/04/17 ノートパソコン     
 異臭や火花、水蒸気が発生       2万台
2003/07/09 DVD+RW媒体     
 機器やディスクに損傷を与える     1万8000枚
2003/07/10 ノートパソコン     
 通信速度低下、電気ショックの恐れ  1万8000台
2003/07/29 テレビ         
 電源が切れる、煙や異臭         34万台
2003/09/12 携帯電話機     
 爆発、感電、火災の恐れ有り        35万台
2004/01/26 プラズマテレビ    
 電源回路の不具合で部品が破損    1万700台
2004/02/26 テレビデオ      
 ブレーカーが落ちる、感電する危険性  2万4000台
2004/10/14 CDウォークマン    
 乾電池ケースが発熱、変形      86万60000台
2005/07/13 液晶テレビ      
 ブレーカーが落ちる、感電する危険性  1万6000台
2005/09/14 PS2 ACアダプター 
 過熱、溶解の恐れ(家財焼失4件)       84万3000個
2005/09/29 液晶テレビ      
 電気用品安全法技術基準不適合     19万台
2005/10/03 全てのCCD搭載製品(デジカメ、ビデオカメラ、PDA等)
 表示部に画像が出ない、撮影できない、画面が乱れる など 100機種以上
2006/08/10 ポータブルHDD   
 データ破損  2005年9月・2006年1月発売の4機種
2006/08/15 リチウムイオン電池 
 加熱、発火の恐れ              410万個

※ 軽微な不具合や、ソニーが自責と認めない欠陥(PS2販売1年経過後の部品劣化続出、「それがPSPの仕様だ」など)は含みません。

-----------転載終了------------------


この他にも、2001年発売したvaioLXの液晶闇改修→2005年にやっと認めたいわゆる社外サプライヤー製品のリコール騒動とかも記憶に新しいところ。
このLXの時は、製造元がリコールしたのに、そこから仕入れて販売したSONYが認めなかった。
4年もたっては、すでに買い換えていた人もいるだろうに・・・。


本気で不買運動でもされないと、わからんのかもしれんねー。
posted by 福島の人 at 18:51| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デジ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マツダの新型は化け物か!

マツダ・ロードスターについては以前こんなことを書いているのですが。


【Wandering Wanderer: 3代目 マツダ ロードスター】
http://fukusima.seesaa.net/article/6846134.html



今回、プジョー206ccやメルセデスSLKなどと同じく、電動格納式ハードトップを備えた「RHT」を追加するそうで。


【Mazdaニュースリリース】
http://www.mazda.co.jp/publicity/release/200608/0823.html



マツダのサイトを見ると、これまでの電動格納式ハードトップと違い、屋根の収納にトランクを使わないため実用性を犠牲にすることなく電動格納を実現した、とある。
これはデザインの自由度をめちゃくちゃ上げる画期的なギミック。
実際、屋根を開けてしまえば、遠目にはソフトトップとハードトップの差異はわからないと思う。


これだけでも十分ショッキングなんですが、ハードトップモデルとソフトトップモデルの重量差がなんと『36キロ』!!

プジョー206ccは、ノーマルの206と比べると重量差が120キロもありますから、ロードスターはその開閉機構と屋根本体の軽量さは際立っています。
これだけ軽いと、屋根の開閉で普通は前後に重心が移動して運動特性に影響が出てしまう電動ハードトップの欠点は、ほとんど感じないでしょう。


そしてなによりも価格。
最も安い、「素」のRHTは240万円から。もっとも高価なパッケージでも280万円。
このところのユーロ高で、1.6リッターモデルですら300万円レベルのプジョー206ccとでは、走行性能、価格、どれでも太刀打ちできません。
戦略的な価格設定は、各社にとっては戦慄でしょう。
(ハンドリングの気持ちよさ、ブランドイメージやデザインや広いトランク、4人乗車可能の実用性など、それぞれ個性が強いので簡単に比較できないのは十分承知してますが)


いやほんと、マツダは化け物を投入してきたなあ。
フロントマスクと内装が改善されたら、思わず転んでしまいそうだ。
posted by 福島の人 at 18:48| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。