2006年08月25日

SONY サラニキタヨー

【米アップル、ソニー製電池180万個をリコール:NIKKEI NET】
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060824AT2M2403024082006.html



以前使ってた、ではなくて、現行モデルまでいっちゃった。


これまでの経緯からして、これもSONYが回収費用のほとんどを負担することになるだろう。

一体、何億トぶんだ?
vaioも燃えたし、次はLenovoか。
利益が飛ぶくらいならいいが、会社ごと飛びかねない。財務的にも、イメージ的にも。
特に北米あたりでは相当のインパクトでvaio炎上ニュースが飛び回っているから、かなりのイメージダウンだろう。


こういうニュースを見ると、ベンツAクラスデビューの際のエルクテスト横転騒ぎのことを思い出す。
製造段階にあった車両の部材をスクラップにして処分、その映像を公開した。
車自体はつまらん燃料電池車ベースだけど、それだけ気を使っているとなれば多少は見直す。

同じく、スポーツサイクルメーカーとして世界でも有数の大企業、台湾の巨大機械工業も思い出される。
世界に売り出しを始めたころ、同社製カーボンフレームが折れるという不具合が多発、ヨーロッパ、北米、日本からカーボンフレームが回収された。
そして本社工場に従業員を集め、社長自らがショベルカーを操り、フレームを工場の庭に埋め立てた。
そしていまや、グランツールに出場するプロチームにフレームを供給するスポーツサイクルブランド、「GIANT」に成長した。


さて、SONYはどこまでやれるか。

(充電池埋め立てたりしてw 有害物質垂れ流しになるぞw)
posted by 福島の人 at 04:37| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | デジ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。