2005年01月26日

いよいよ

明日。
いつも楽しみにしている怪談本のシリーズ、「『超』怖い話」の最新刊、「『超』怖い話E(イプシロン)」が発売ですわよお姉さま。(←誰がやねん)


元はと言えば、コンビニのお手軽文庫シリーズとして始まったこのシリーズ。
お手軽文庫にありがちな「因果のある話」を極力排除、出来る限り体験者本人から話を聞く取材第一主義が受けているシリーズです。

「因果がない」ために、興醒め、後だしの「後で聞いたところでは・・・」とか、「実はここでは昔自殺があって・・・」というような話はほとんどなく、リアリティある話が確実に恐怖を運んでくれます。
怪談にリアリティ、と言う時点で相当におかしいのですが、世にあふれる「本当にあった怖い話」と言う一連の怪談本のつまらなさからすれば、これは出色の面白さ。

出来がいいのも当たり前、もともとのコンビニお手軽文庫の時代から、平山夢明、樋口明雄といった本職の小説家が編著に絡んでいるからこその完成度。

私のように、今は亡き勁文社の時代からの根強いファンも多く、発売日には2chにスレが建つと言えば、人気のほどがわかろうと言うもの。


現在は勁文社が倒産してしまったため竹書房から続巻が出ていますが、コンビニ売りのお手軽文庫が他社から復活すると言うだけでも大変なこと。


そのシリーズ最新刊が出ると言うわけで、楽しみで楽しみで仕方がありません。
ああ、明日は本屋に行かねば・・・w


「超」怖い話A
加藤 一 平山 夢明

おすすめ平均 
多数の犠牲者を出す本
眠れぬ夜に震える
就寝前の禁書
頁を開いた勇気ある者よ、心置きなく震え給え
実話系怖い話をお探しならば・・・

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools


「超」怖い話∞(エンドレス)
樋口 明雄


Amazonで詳しく見る
  by G-Tools


「超」怖い話Ε
平山 夢明

おすすめ平均
死にかけて…も。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【関連する記事】
posted by 福島の人 at 15:19| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。