2005年09月06日

ロケーションフリー

SONYが新商品を出しまして。

【ソニー、Windows搭載PCで映像を視聴できる「ロケーションフリー」新製品 】(broadbandwatch)
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/10956.html

国内に設置したこの機器でテレビ番組等を録画。
これを専用ソフトでネットにつないで、海外を含めた出先からでも、ネットにつながってさえいれば視聴できまっせという商品。

ものすごい乱暴に言ってしまえば、自宅にファイルサーバを手軽に立てられます。コンテンツはテレビから録画しますよということ。


あれ・・・?


同じことを、機器の置き場を貸し出してやっていた『録画ネット』という会社は、各放送局から訴えられて現在係争中です。

【録画ネット】
http://www.6ga.net/

ここも機器を購入、その機器を録画ネットに預けておき、リモートでそれを操作する形。
海外からでも国内放送局の放送を視聴できます。
機器を録画ネットに預けておくというのが違う点ですが、ここの会社はサーバそのものを操作せず、保守管理でサービス料を取る会社。
長期不在の自宅に機器を作動させっぱなしにする不安もあるでしょうから、とくに不自然な点は見当たりません。

実際の録画指示は、ユーザーがリモートで行っているわけです。


あれ・・・?


なんでだろう、販売オンリーで対価を得るSONYと、販売と保守でサービス料対価を得ている録画ネットと、特に違いが判らないのですが。

ということは、NHK、テレ朝、TBS、日テレ、フジ、テレ東の各放送局は、
当然SONYも訴えるんだよな?


それを可能にした技術、機器を売ったのが悪いということ?
んじゃリモートで、ネット上から操作できるテレビパソコンを売っているPCベンダは?
機器を置く場所の提供が悪いというなら、ホスティングサーバの会社は?
そもそもリモート機能を標準で搭載しているWinXPは?

一太郎のジャストシステムを訴えたパナソニックみたいなもので、大手は訴えずに小さな会社を狙い撃ちしているようにしか見えないわけだが。


もうさ、不毛なコピーガードもそうだけど、あんまり見苦しいことするのやめようよ。
大人なんだからさ。

なにかのサービスが提供されていて、自分の商売環境に影響があるとして、その上でさらに商売につながるよう考えるのが社員の仕事だろ。
posted by 福島の人 at 17:25| 福島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | デジ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6626833

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。