2005年08月20日

衰え?

午後遅くからエライ雷になりましたが、お昼ころはじりじりと焼かれるような晴天。

ここしばらく忙しかったしなあ、と1週間ぶりほどで自転車に乗る。
いつもの練習コースを40分もいかないうちに、頭はクラクラ、進路が気がつかないうちにぶれてきまして。

こりゃいかんと、ボトルの水を頭からかぶってみたりもしたのですが・・・。
メッシュのユニフォームを伝って、腰まで垂れてくる間にただのぬるま湯に。
濡れたはずの髪も、5分もしないうちに乾いて塩でバリバリに。

うう、やはり以前よりは放熱効率が下がってるのかもしれない。
気温40度を超えるようなところでも結構走れたのに・・・。
もう無理して走れるような年ではなくなってしまったのかしら、とちょっとさびしくなったりして。
もうこうなると、茶色い水が濁流をなしている阿武隈川にさえ飛び込みたい衝動が。
そのうち、昨晩の雷雨でできた道端の水溜りに、頭から飛び込んだら・・・などと・・・




・・・道端の水溜りに飛び込む?なんだその突拍子もない考えは。1センチも水深のない水溜りじゃないか。



あ、と気がついてサイクルメータの温度計を呼び出すと。
センサがあるハンドル周りの気温が49度!
いかん、何のこたあない、衰えるもなにも熱中症だ。

あわてて阿武隈川の水防基地の倉庫前、日陰に倒れこみ、ボトルの水を全部かぶって体温が下がるのを待ちました。

いつもどおり、などと甘く見ちゃいけませんね。
この季節、運動するには普段より休憩を増やしたり、運動強度を少しセーブするとかしないと命にかかわります。

外で運動する人はくれぐれもご注意を・・・



◇◆本日の走行距離◆◇
24.8`
posted by 福島の人 at 21:01| 福島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

脂肪

ヽ(゚∀゚)ノアヒャ

ちょっとした部品を探して自転車店のサイトを見て回っておりましたら、こんなページがありましたのでちょっと寄り道。

『サイクルサービスおおやま』消費カロリー計算ページ
http://www.cso.co.jp/chishiki/junk004.html#shouhi

で、自転車に取り付けてあるサイクルメータから今日の平均速度や走行時間、年齢などを入れて計算したところ。

1861kcal

・・・(゜д゜lll)

軽作業程度の仕事についている成人男性が、一日に消費する基本的な熱量は、一日2000kcalほど。
たかだか2時間足らずで一日分の消費カロリー使っちまった、と・・・。

リハビリ程度のつもりでやってましたが、ちょっと運動強度上げ過ぎかも。レースやるわけじゃないのに。
もうちょっとスピードを抑えて、軽いギアで回すようにしましょう。 せっかくまた自転車が楽しくなってきたのに、無理して体壊したらバカみたいですもんね〜
posted by 福島の人 at 02:14| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

今日も今日とて往復40キロ。

昨日ちょっと運動強度を上げたので、今日は軽く流して20キロ程度にしようと思ったんですが・・・。

すっかり脳内麻薬ジャンキーになってしまって、どぱどぱドーパミンを体が欲しています。
 ヘ(°◇、°)ノ~ ウケケケ...(違

福島県中通り地方は盆地なので、今からすでに蒸し暑く、気温は30度近くまで上がっておりますが。
暑い中、汗が目に入って顔をしかめたりしながら無心にペダルを漕ぐのも楽しいもので。
(これがあるからコンタクトに出来ないんですな。ヒルクライムの途中で汗が目に入り、そのままダウンヒルに移ったりしたら、怪我ではすみません。)

滴る汗、後方にすっ飛んでいく景色、ボトルの水を頭からかぶり、腕や足には光る塩の結晶。

・・・塩!? どうりで体中ヒリヒリすると思った・・・。
蒸してると思ったけど、汗が乾いているところを見ると、まだまだ乾燥してるっぽい。


□■S・P・D!!S・P・D!!(AAry)■□
ペダルを変えたのですよ。

スポーツサイクル、中でもロードやMTBのクロスカントリーでは、ペダルと靴を金具で固定してしまいます。
そうすることで踏んだ後の足の引き上げを回転力にすることができ、クランクの回転運動をスムーズにすることができるというわけですな。

で、その中でもトップシェアなのが、歩行とワンタッチの固定とリリースを両立するシマノのSPDという代物で。

スノーボードをやる人なら、ワンタッチのステップインビンディングでお見かけかと思います。
(あれはK2とシマノが組んでスノーボードに組んだのが最初ですもんね。)

普段は片面ビンディング/片面ノーマルペダルで、スニーカーでの普段乗りから専用シューズでの練習までカバーしてましたが。
ペダル1 ペダル2

やはり、きちんと走るなら両面ビンディングの小型軽量ペダルに交換したい。

ということで、昔の道具箱をあさってレース用に使っていたビンディングペダルを発掘。
サクッと交換。

ペダル3

やはり、ジュラルミン製のロープロファイルペダルはすっきりしていていいものです。

重さも、片面コンパチペダルの半分以下というのがありがたい。
明らかに、登りの途中の引き足が軽い感じがしますから・・・
レーサータイプの専用シューズではなく、NIKEやアディダスあたりのカジュアルSPDシューズがあれば、ずっとこれを付けておきたいものです。

・・・買おうかな。(←無駄使い

□■本日の走行距離■□42.7キロ
posted by 福島の人 at 23:56| 福島 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

天気がよかったので

久しぶりにオートバイでも・・・
と思いましたが。

せっかくまとまった時間もあることだし、と今日もまた自転車へ。

このblogもすっかり自転車日記になってしまったなあ。

左カラムのカテゴリで、車を追い抜きかねない勢いで自転車カテの投稿数が増えてるのがまたなんとも。
バイクに至っては投稿数0ですよ ┐(´ー`)┌ヤレヤレ


さてさて、ここ2週間、20キロ以上を走るときはシッティング(座り漕ぎ)、10キロ前後や市内の移動ではスタンディング(立ち漕ぎ)主体で運動強度を変え、運動不足解消と新陳代謝促進のため走っていたわけですが。

今日は、いきなり運動強度を上げて、山間地を含めた長距離ロードワークに挑戦。

挑戦といっても、学生の頃週に3〜4日は走ってたルートなんですけどねえ・・・。
年はとりたくないものです(←ただの運動不足だろw)

阿武隈川沿いの渓谷、回り道の県道を併用して片道約50キロ。

天気もよく、快調に飛ばすことが出来ました。
ところが帰り道。
70キロを走破したあたりで、ハンガーノック。
栄養補給をミスってしまい、平地だというのに、サドルを下げてダラダラ走る高校生並みのスピードしか出せなくなりました。

こんな時に限って、いつも練習時持ち歩いているカロリーメイトが無い。
幸い小銭入れはあるものの、わざと田舎道を選んで走っているお陰でお店も無い。自動販売機を見つけましたが、朽ち果てて自然に帰ろうとしておりました・・・。

ようやくたどり着いたコンビニで食べる惣菜パン、パックのオレンジジュースのンマイことンマイこと。
たかだか5年前には、休憩なしノンストップで往復していたことを考えると悲しくなりますが、まあ、これから夏に向かって運動強度を維持していけば回復できるでしょう。
・・・途中でサボらなければ、ですが。

あとは、上半身の強化ですな。
ダンシングで坂を上る際、疲れてくると直進ではなく、若干蛇行してしまう。
これは上半身が車体をコントロールできていない証拠。直進するより走行距離が増えてしまうわけですから、効率的ではありません。

ダイエットにいいと聞いて自転車に乗る方、ママチャリでもいいですが、坂道で路側帯の白線の上を上ってみてください。
漕ぐたびに白線からタイヤが出てしまうなら、上半身が弱すぎ、足に過度の負担がかかってますので、自転車に乗ると足が太くなりますよw

ツールドフランス()を連続5連覇したミゲール・インデュラインは、アルプスの山岳ステージでも車体がほとんどぶれない登坂が印象的でした。
登板のスペシャリスト、クライマーというわけでもないのに、登りで完璧に車体をコントロールする姿は圧巻でした。
かといえば、平地のダッシュ勝負、スプリンターの最後の見せ場、ゴール前200メートルのスーパースプリントで走行妨害ギリギリ(というかペナルティ食らったことも何度か)の車体の振り回し方で話題を呼んだアブドヤバロフ。
それだけ車体を左右に振っても、車線がほとんどぶれずに時速80キロを越えるスピードでゴールに飛び込んでいく姿も印象的でした。

そこまでは当然無理もいいところですが、坂で車体がぶれない程度に鍛えたいものです。
見た目もかっこいいしねw

日本人が出てないので、なかなか話題にならないけど・・・。
注目度はワールドカップサッカーについで2位といわれる一大イベントなんですよ。
日本のトッププロが1990年代に参加したことがありましたが、チームの捨て駒(失礼)のアシストとして、しかもレース中盤でリタイヤ。
オリンピック金メダリストのロード選手、ファビオ・カザルテッリは、プロになって一年 目、やはりアシストとして参加しましたが、アルプスの下りでカーブを曲がりきれず谷に落ち、帰らぬ人となりました。
そのレベルたるやまさに天上の世界。過酷さも上記の如し。
F-1ドライバーでも、『ツールの選手にゃかなわない』と公言する選手がいるそうです。(何がかなわないのか判らないけど。)

そういえば、『教授』の愛称で親しまれたフランスの英雄、ローラン・フィニヨン(1983-84ツール総合優勝)を日本のフジテレビがテレビ番組のゲストに呼んだ際、局側はあろうことかエコノミーを取ったそうな。
出来た人、フィニヨンは何も言わずにそこに座っていたそうですが、それに気がついたエールフランスの機長が、最敬礼でファーストクラスに案内したそうで。

そりゃ、長島茂雄や王貞治をエコノミーに載せるようなもんだからなあw
自転車といい、F-1といい、フジってホントに(ry
・・・まあ、放送どころかスポーツニュースで結果すら出さない他局よりはよっぽっどマシだけどサ。


□■今日の走行距離■□
107キロ
posted by 福島の人 at 21:05| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

お尻の話

・・・変な想像した奴は前に出ろ。歯を食いしばれ。(・∀・)ニヤニヤ


サドルの話なんですけどね。
今使っているサドルは、まだレース活動をしていた頃に、纏め買いしたイタリアの『セラ・サンマルコ』社の『コンコールライト・ノンスリップ』という代物でして。

コンコールライト.jpg
エンジンを下半身とするなら、サドルはさしずめ、エンジンマウントのブッシュ。
お尻との相性は、普通に考えるよりも重大な問題なのです。

で、このコンコールライト・ノンスリップ。
上面に施された刺繍が、サドルの前に座ってペダルの回転を稼ぐような平地ではサドルの上で着座位置がずれるのを防ぎます。
またサドル後端が上がっているため、重いギアを踏む時や上りではうまくお尻を支えてくれます。

肝心の相性もよく、岩手一周の時も、郡山〜仙台間の帰省(140キロ)、原町市〜仙台市間の往復イベント(160キロ)でも問題なく走れました。
相性のせいで、痔になったり股間の皮が破れてしまう様な人もいるので、これは素晴らしいことです。

値段も安く、サドルだけで1万円から3万円というのがごろごろしているサドル市場の中では破格の3000円台から6000円台。
最も軽いチタンベースでも、纏め買いしておけるのが最高でした。
レース用にチタン、普段用にクロモリ鋼材と使い分けたりもしてました。(それで変わる重さなんて、数十グラム程度でしたけど・・・w)

あまりにも気に入っていたため、ここ10年、刺繍の染色が抜け、破けるまでMTB、ロード両方に使っていたのですが・・・。

・・・とうとう、纏め買いしてあった在庫がつきました。(つД`)

あわててネットで探しているのですが、見つからないのですよ。

いや、見つけるには見つけたんですが・・・。

http://www.rakuten.co.jp/worldcycle/677700/708721/709745/915286/

ノンスリップ刺繍は廃され、ベースレールの選択肢はなくなり、ユーロ高のお陰で価格も上がり・・・。

うーん、直接身体に触れる部分だけに、なかなか急に変えるのは難しいのですが・・・。
ノンスリップはあきらめて同じものを買うか、新しいサドルを探すことにするしかないようです・・・。

試乗用のサドルを貸してくれるようなところはないものかしら?
いくつか長距離を走って乗り比べて、相性を見たいのですけれど・・・。無理なのは承知ですが。

こういう栄枯盛衰を見ていると、もう20年以上もロングセラーを続ける同社の『ロールス』『リーガル』の偉大さが身に染みます。
どちらも、世界中のプロに根強い人気を誇り、どのチームに移ってもサドルだけは変えない、という選手がいるほどの名品。
・・・でも、私とは相性が合わないんですよねぇ・・・ (つД`)

『サンマルコ・ロールス』
http://www.rakuten.co.jp/worldcycle/677700/708721/709745/915285/
『サンマルコ・リーガル』
http://www.rakuten.co.jp/worldcycle/677700/708721/709745/915287/

何か評判のいいサドルはないかしら?
スポーツサイクルの専門店が事実上一店しかない郡山では、なかなか探しづらいです・・・。
posted by 福島の人 at 21:19| 福島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月07日

にせものめっせんじゃ

・・・といっても、Regnessemのことじゃないですよ。

今日は仕事の都合で、市内の関係先まわり。

でも、ブランクにもかかわらず自分が意外と『乗れている』ことがわかると、うれしくなってしまって。
自転車でお出かけしました。

軽く汗ばむ程度に、流して走るのも気持ちがいいものです。

市内の住宅地を走っていると、こんな名前のアパートを見つけました。

ばすちーゆ?05-06-07_16-16.jpg
ばばばバスティーユ??? 煤i゚д゚)

なんか、反政府軍が押しかけてきて大砲撃たれるとか、住人が監禁されてるような名前ですね。((;゚Д゚)ガクガクブルブル

アパートとかマンションの名前って、カッコつけてカタカナにしてるところ、多いですけど・・・。
軽くワラタw


□■ 服装 ■□
街乗りとはいえ、普通の格好では競技用自転車には乗り辛い。
かといって、派手なサイクルジャージでは、ちょっと寄り道、というのも気恥ずかしい。
ということで、動きやすい格好をします。

今日は、肌着こそ自転車用のものですが、至って普通の半そでシャツ、内部にサイクリング用パッドが入った短パン。
靴だって普通のスニーカーですし、サングラスもなし。

まあ、手の皮がむけるほどゴツいグリップシフトの自転車なので、手袋はしてますけど。
あまり本気ではない自転車メッセンジャーと言った感じ。

大きなメッセンジャーバッグで身体を締め上げそれなりのペースで走れば、ソコソコ格好はつくものです。

ねぎ.jpg
・・・ネギさえなければ。

だって、だって安かったんですものッ ヽ(`Д´)ノウワァァァン
ネギ背負って走らんよなあ。鴨じゃあるまいし

どうやっても格好良くなれません・・・。

□■ 本日の走行距離 ■□
17.4キロ
posted by 福島の人 at 19:05| 福島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖分

今日も天気がよかったので、軽く自転車。

・・・といっても、昨日パンクしてしまったのでその処理をせねば。


□■ パンク修理 ■□
ネジ付きタイヤ
まずはタイヤを外します。
スポーツサイクルはサクッとタイヤが外せるので便利だわぁ〜(はぁと

ネジ.jpg
刺さっていたネジを外してみてびっくり (゜ロ゜ノ)ノ
どうやりゃこんなごついネジをスリックタイヤが拾うんだか。
路上でうまい具合に直立してたんだろうか。

で、後輪を外された本体。
外され本体
・・・なんか、うち捨てられたようなウラ悲しさが・・・w

こんな軽整備用スタンド立てればいいんですけどね。
道具箱のどこにやってしまったんだか・・・ (-_-;)

で、チューブを引っ張り出して修理するわけですが・・・

チューブ
前にすでにパンクしたことがあり、もう1年近くは交換してなかったチューブでしたし、めんどくさいので新しいチューブにすることにしました。(←手抜き

新品の1.50サイズチューブ、636円。
パンク修理キットだって、ゴム糊無しのワンタッチパッチが10枚400円で買えますからねえ。
自転車屋の修理代金って高いと思う。('ε')

んで、サクッと交換。
慣れれば5分、ゆっくりやっても10分かかりません。
ホイールを組み付けて練習へ。


□■ 軽く走行 ■□
しばらくぶりにきちんと走るので、昨日に引き続き、軽めのギアでクランクを回すメニュー。
ポジションと姿勢、ペダリングの矯正がメインです。

勘違いしてる人が多いのですが、重いギアをひたすら踏むから早いのではないですよ。
クランクを一定の回転数で回す、そのスタミナが持つほうが早いんです。
もちろん、スプリントやここ一番というポイントでは、ガンガン重いギアを踏むことはありますけどね。

時速は抑え目に、25キロから30キロ以内。
ストップウォッチをちらちら見ながら、ケイデンス(ペダル回転数)を数えながら、軽めのギアでくるくると。
単純に流すようにならないように。でも、力んでフォームが崩れない程度の重さのギアを選択。

そのうち、自分の息遣いとホイールの風切り音しか聞こえなくなる感覚。
市街地から離れていくサイクリングロード、あえて田舎道を選んで走るのは、その幸せな感覚を長く味わいたいからです。

そんな感じで小一時間。
昨日に比べれば、汗が粘つかなくなってきたような。

昨日もひどかったんですが、半年もロクに運動してなかったお陰で、代謝が悪いこと悪いこと。
粘ついた汗に辟易ですよ。

体温上げて、汗がぼたぼた垂れるほどシャカリキになって運動しないと、どんどん皮膚の代謝機能は衰えていく。

実感しました。
2週間は運動レベルを上げ続けて、さらさらの塩水のような汗が出る代謝レベルにしませんと。

こうして、ちょっときつめの前傾姿勢を保って走っていると、いかに衰えていたかがわかります。
特にお腹。
下腹と太ももが当たる感覚は、以前にはなかったもの。

体型がほとんど変わらなかったので見過ごしていましたが、腹筋がサイズはそのままに脂肪に置き換わっていたらしく。
前傾姿勢にモモ上げ運動するようなペダリングのため、下に下がってしまったみたい。
今後はしばらく、腹筋、背筋を意識して使うフォームで走りましょう。


□■ 糖分 ■□
帰宅して、自転車の汚れを軽く拭き、シャワー。
冷やした茶なぞ飲みつつくつろいでいたところ、読んでいる文庫本の内容が頭に全く入らなくなりました。

字は読める。
音読もできる。
なのに、内容が全く頭に入ってこない。

これもしばらくぶりで忘れていました。
ハンガーノック。
走っている最中にこれになると、糸が切れたかのように力が出なくなります。

人間が筋肉を動かすのに、体内のグリコーゲンという糖分、炭水化物由来の物質を使うのですが、実は、この物質は脳と共用の燃料。
筋肉は20分から30分で燃料をグリコーゲンから脂肪に置き換え始めるのですが、脳はグリコーゲン以外の燃料を使えません。
そのため、糖分を補給する必要があったんですが、忘れていました。

慌ててジャムをたっぷり入れた紅茶で糖分補給。みるみる意識がはっきりしてくるのだから恐ろしい。
今度ドラッグストアで、グリコーゲン補給飲料の『エネルゲン』を大量購入してこよう。

よく、ダイエットするには20分以上運動しないと駄目だ、といいますが、これはこの燃料切り替えのところまで運動しないと脂肪に着火しないためなんですな。

一度燃料が脂肪にシフトしてしまえば、運動をやめてもその後2時間は脂肪が燃焼するので安心なんですが。

さて、明日も晴れるといいなあ。

□■ 本日の走行距離 ■□
37キロ
posted by 福島の人 at 03:16| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

自転車遊び

昨日、一昨日と妙に不順な天候だったので控えておりましたが。

ようやく、晴れた!
風は強いものの、考えてみれば、向かい風を突いて走るのも体力使うのでいいかも。
鬱屈している時には、身体をいじめるに限ります。

首無し
しばらくぶりに愛車スタンプジャンパー('95年モノ。東洋フレーム製クロモリ鋼の頑丈なのをいいことに、随分長いこと使い倒してるなあ。レースからは足洗ってるので必要十分だけど、そろそろ新しいのも欲しいかも)を引っ張り出し、オンロード向け細身のスリックタイヤの空気圧を上げます。

DSCF0006s2.jpg
タイヤにイエローのサイドカラーが入ったPanaracer IRCのスリックを入れているので、地味なブルーのフレームでも中々綺麗でしょ?
(訂正。パンク修理中に確認したら、IRCでした。購入した時にもらった袋がPanaだったもので、すっかり松下だと思い込んでいました・・・)

本来上を向いているはずのハンドル支持部(ステムといいます)は、わざと天返しにして長さを稼ぎ、前傾姿勢をとりやすくしています。
前輪が浮いちゃうような急な上り坂、ここ一番のダッシュでは有利ですが、ガレ場の下りなんかはコワイコワイ。
でも、95年のアトランタ五輪で日本女子代表の谷川可奈子選手がそうであったように、小柄で登りが得意、一瞬のダッシュが欲しい選手にはこれが最適。

ペダル
久しぶりのビンディングペダルに、立ちゴケの不安がw
(普段、適当に乗るときにも使ってしまっているので、もうボロボロw。キチンと走るときには、せめてレース用の両面ビンディングペダルに交換したいものです)
足が固定できるので、後ろで足を引き上げる『引き足』がしやすく、楽に早くペダルを回すことができます。

阿武隈川
昔よく走っていた阿武隈川を北上するルート。
途中でガードレールもない、落ちたら渓谷にまっさかさまなワイルドな県道になったりもしますが、気持ちよく走れる田舎の県道です。

阿武隈川2
日曜日だっちゅーのにこののどかさですから・・・


で、2時間ほど走って、帰ろうとしたわけですが。
なにやら微かに、後輪から空気の漏れる音が。


・・・Σ(゜д゜lll)なんじゃコリャーッ!!! パンク1

ここまでさっくりと木ネジを拾うとは... _| ̄|○
posted by 福島の人 at 12:12| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

ヒラメ筋、お久しぶり

最近の陽気にあてられて、やっと自転車に乗る気になりまして。

仙台にいたころは、3〜40`くらいなら平気で毎日走っていたものですが・・・。
福島に来て以来、特に冬はロクに乗らなくなってしまいました。
だって寒いんですものw
仙台よりも南なのに、なぜ耐え難いほど寒いのか・・・(田舎だからとは言ってはいけないw)

まあともかく、半年近く乗らなかったものにいきなり乗ると…。

身体が痛くなりますねw

おかしいなあ、ポジションもいじってないし、ギア比も当然変えてない。
なのに、前傾したクラウチングポジションを維持できない。

すっかり衰えてしまったようで・・・。

でも、帰宅してシャワーを浴び身体を拭いていると、ふくらはぎの筋肉がヒラメのようにくっきりと。

ヒラメ君久しぶり。

今年は出来るだけ走って、身体を揺さぶっていく方向で・・・

MTB
posted by 福島の人 at 06:33| 福島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。